服の雑誌でよくある特集

服の雑誌でよくある特集

メンズファッション雑誌で、定番といえば雑誌名がメンズ○○○などの、元々女性ファッション雑誌の名前にメンズを付け足した雑誌名が多いですね。

 

これは、ファッション雑誌とは男性よりも女性をターゲットにして始まった背景があり、ファッションとは女性だけのものなのでしょうか。いえ、これだけたくさんの種類のメンズファッション雑誌が書店に並んでいる現状を見ると、男性もファッションを意識していると言うことができるでしょう。

 

しかしながら、そもそも男性ファッション雑誌と女性ファッション雑誌の中身を覗くと、男女ではファッションで意識している対象が違っていることに気づくことができるのではないでしょうか。

 

男性ファッション雑誌で圧倒的に多く使用される定番ワードは「仕事ができる」のようです。ところが、女性ファッション誌では「彼氏受け」「彼氏のママ受け」「女子会受け」などのワードが定番です。

 

女性のファッション雑誌では誰にどう受けるか、言い換えれば誰にどう愛されるかという特集が注視されているのに対して、メンズファッション雑誌ではスーツの着こなし方など、いかに「仕事ができるか」という特集が多く組まれています。このようなファッション雑誌の定番ワードから、女性は愛し愛される「自分が世界の中心」であり、男性は仕事を自由に操る自由な「世界が自分である」という視点に繋がる発見ができ、面白い違いではないでしょうか。

page top